Hashimoto Research Institute

使えそうな技術的な事やらをメモ的に書いています

Hashimoto Research Institute イメージ画像

機械学習

2013年ごろからディープラーニングの登場とともにAIがもてはやされるようになった。研究テーマも「AI」や「機械学習」「ディープラーニング」と名がついていれば、予算を得られやすく注目されやすい時代があったが、2020年の今は少し落ち着いたように見える。CAEとAI。この2
『CAEとAIの組み合わせ、という道半ばの課題』の画像

私は日々1時間近くかけて通勤している。通勤時間は、Youtubeで動画を見ながらダラダラと時間を潰しているのだが、最近、興味深い動画を見かけた。 安宅というおじさんのプレゼンである。2018年に行われたもののようだ。このおじさん、かなり有名な人で、神経科学のポスドク
『シン・ニホン』の画像

機械学習技術がシミュレーション(CAE)の世界を変えると言われている。CAE技術者の中でも機械学習に興味のある人も多い。その一節が、ある動画で見受けられたので紹介したい。 機械学習、特にディープラーニングでは国内で一番有名なのが松尾豊先生。2019年12月に公開された
『CAEを代替する機械学習技術の予兆』の画像

Pythonでチマチマ書くことに飽きてきた私は、先日からSONYのPerdiction Oneという機械学習ツールを使ってみています。今回は、時系列データから未来値を予測する手法を試してみました。「チュートリアル_店舗管理_来客数予測による仕入れ量決定」気温、天気、祝日から、来店
『PredictionOneを使ってみた【時系列予測編】』の画像

Pythonでチマチマ書くことに飽きてきた私は、先日からSONYのPerdiction Oneという機械学習ツールを使ってみています。前回、PredictionOneのインストールをする、という記事を書きました。今回は、PredictionOneのチュートリアルをやってみました。Prediction Oneには10個以
『PredictionOneを使ってみた【数値予測編】』の画像

Pythonでチマチマ書くことに飽きてきた私は、SONYの提供するPredictionOneというツールを使ってみる事にしました。マニュアルに記載の動作環境は、・Windows8.1/Windows10(いずれも64bit版)・メモリ8GB以上・CPU:Core i7私の環境はWindows10 メモリ96GB、Xeon W5590のいつも
『PredictionOneを使ってみた【環境構築編】』の画像

機械学習環境を自宅のWSに構築しました。昨年、苦しみながら機械学習環境を構築したものの、端末が変わって全て0からスタートに。次もこんな事があると嫌なので、一応メモを残しておきます。最後に、画像認識の簡単な例題をやってみました。前半はメモなので読み飛ばしてくだ
『Python,Tensorflow,Kerasの環境構築2019』の画像

いま、とっても話題の機械学習。その中でも、ディープラーニングは画像をはじめとして強力な解析ツールになりつつあります。私も、少しは知っておいたほうがいいだろうな、と思い、「ディープラーニングの基礎」的なタイトルの講習会に参加してきました。割と勉強になりまし
『ディープラーニングの基礎講習会に行ってきたのでメモ』の画像

↑このページのトップヘ