Hashimoto Research Institute

使えそうな技術的な事やらをメモ的に書いています

Hashimoto Research Institute イメージ画像

更新情報

乗用車の電動化、自動運転技術の普及が進む中、今後の自動車業界がどのような形になるのか、ボストンコンサルティンググループ(以下BCG)が予想している。この図が、BCGの予想を表した図。これまでの・完成車メーカー・部品メーカー(ティア1)・部品メーカー(ティア2)といった
『将来の自動車業界構造』の画像

EVに搭載されているLiイオンバッテリー(LIB)の代替・革新型電池として期待される「全固体電池」。LIBの電解質を固体にし、安全性を増し、高容量化が可能になると期待されている。日本国内でも全固体電池開発の開発は活発であるが、どの企業が最も先行しているのであろうか?
『全固体電池 一番進んでるメーカーは?』の画像

EVに関する情報収取をしていると、「ノルウェーが最もEVが普及している」という記事を読んだ。本当だろうか?これは、自動車登録数に占めるEVの割合である。ノルウェーの自動車のうちEVは28.8%と、日本の0.4%と比較しても飛びぬけている事がわかる。なぜノルウェーでEVが普
『 EVが一番普及しているのはどの国?』の画像

金沢大学学長、山崎氏は、日本機械学会誌201712月で、「日本機械学会の学術研究活動について最近感じる事」 として下記のような私見を述べている。バブル崩壊以来、なぜ日本のモノづくりが衰退してしまったのか?生活水準が向上して物が溢れ、情報通信技術の発展、普及も手
『なぜ日本のモノづくりが衰退してしまったのか』の画像

2017年12月13日、Panasonicとトヨタ自動車が、「車載用電池の開発というテーマでの協業」 を発表。リチウムイオンバッテリー(LIB)の開発などを協業するとの事。車載用電池の業界ナンバーワンのパナソニックと、市販EVで実績の少ないトヨタが組む事が、どのような意味を持つの
『トヨタ・パナのLIB協業は全固体電池にも及ぶ』の画像

私は今、EVの購入を検討している。今乗っている車両の燃費をざっと計算してみると、5.6km/L程度であったこと、そして昨日給油した際のガソリン価格が150円/L(ハイオク)であったためだ。そこで、自技会の年報を引っ張り出して来て、EVが今どの程度普及しているのかを見てみた
『2017年の今、EVを買って良いのか?』の画像

2016年、トヨタがEVの開発を進めると発表された。2020年までに量産体制を整えるとの事。社内ベンチャーでの開発を進めたいそう。これはスピード感を持って車両開発を進めたいという意思の表れであろう。これまでも、トヨタはEVを開発・一部販売してきた。RAV4EV(2002)RAV4EV(
『トヨタのEV開発は片手間か?本命は変わらずFCV』の画像

NEDOの情報誌「focusNEDO」の記事で、「サンシャイン計画40周年に寄せて」という記事を読んだ。http://www.nedo.go.jp/content/100574164.pdf高度経済成長まっただ中の1970年代には、「巨大化・集中化・規格化」が当たり前だった。飛行機や船舶は巨大化の一途をたどり、東京
『サンシャイン計画』の画像

HPが新モデルとして、ミニワークステーションを発売しました。(発表は昨年12/13だった模様)仕事で新しくWSを購入する事になったのですが、その際にHPのホームページで気になる新型を見かけてしまいました。WSといえば、DellかHPという印象。最近のWSのトレンドといえば、「VR
『世界初ミニワークステーション』の画像

はじめまして。モンテネグロ橋本と申します。このブログは工学系エンジニアの雑記です。気になった事を調べてまとめたりしてます。普段は、某自動車メーカーにて研究開発業務をしています。電池・水素・燃料電池など手広くやってます。写真は愛車です(最近手放しましたが)。
『はじめまして』の画像

↑このページのトップヘ