Hashimoto Research Institute

使えそうな技術的な事やらをメモ的に書いています

Hashimoto Research Institute イメージ画像

更新情報

燃料電池の触媒層に代表されるような、カーボン粒子の凝集体からなる構造について調査した。国内でもいくつも論文が発表されている。 Understanding formation mechanism of heterogeneous porous structure of catalyst layer in polymer electrolyte fuel cell(2016)京大河
『カーボン凝集構造に関する知見調査』の画像

年末年始もコロナですね。おかげさまで、暇です。暇すぎたので、ANSYS studentを使って、燃料電池の性能を予測するシミュレーションをやってみました。豊田中央研究所 R&D レビューに乗っていたIVカーブです。こんな感じのIVカーブ[1]が描ければ嬉しいなぁくらいの軽い気持ち
『燃料電池の発電計算してみた』の画像

近々、新居に引っ越します。部屋が若干広くなり、間取りも変わります。ワクワクです。一方で、広くなってエアコンの出力で事足りるのか?という妻からの問い合わせが。「なんかそういうの専門なんでしょ?」と言われ、全然専門ではないのですが、暇だしやってみるかと思いト
『Fluentで部屋温度を予測する』の画像

PEM燃料電池の水の管理を促進するためのMicro Porous Layer(MPL)について、引用の多い論文がある。■Improvement of water management by a microporous sublayer for PEM fuel cells  MPLに関して非常に引用数の多い論文。H Power Corporationの研究。GDL基材にsublayerを
『Improvement of water management by a microporous sublayer for PEM fuel cells(2002)』の画像

燃料電池のシミュレーションに関して、Panasonicが表題のような技報を公開している。家庭用燃料電池としてエネファームのシステムを製造するPanasonicは、PEMの材料設計をシミュレーションによる性能予測から可能としている模様。 Pt触媒(数nm)、カーボン担体(数十nm)、アイ
『燃料電池マルチスケールシミュレーション(2017)』の画像

 PEFCのGDLに対する液水輸送に関する論文。GDLの繊維構造を分析し、permeabilityとsaturation、capillary pressureの関係をローカルでなくグローバルで評価したところ、構造と液水輸送挙動を紐づける事を示したもの。ただ、従来の検討結果とは大きく異なるため、追加検証を
『Microstructure-property relationships in a gas diffusion layer (GDL) for Polymer Electrolyte Fuel Cells, Part II: pressure-induced water injection and liquid permeability(2017)』の画像

↑このページのトップヘ